暮らしに活用できる知識
寝具の選びかた

ピックアップ

清潔な水を常備

日本のようにレストランで飲み水が無料で提供される国はとても珍しく、大抵の国では食事の際にミネラルウォーターを購入する仕組みになっています。これには水資源が豊富であるということからだと言われています。

» readmore

最新の記事

乾燥をさせない

今の季節、乾燥が気になります。女性であればハンドクリームやスキンケア製品が手放せませんが、幼児や赤ちゃんにもスキンケア製品は必要です。 ドラッグストアに行くと赤ちゃん向けののベビーローションがたくさん売られています。

原因と改善

赤ちゃんが生まれ、みんなママになるのは初めてです。知らない事ばかりで、不安になる事もあります。子育てしていく中で、赤ちゃんがちゃんと成長していっているのか心配になる事もあります。

子どものために

ベビー布団はオーガニック素材がおすすめ

用意しておくベビー用品の代表的なのが肌着、おくるみ、オムツ、ミルク、そしてベビー布団などです。これらは産後すぐに必要になってきますから忘れずに用意しておきましょう。新生児には直接肌に触れるものに気を使います。なるべく国産でオーガニック素材のものが良いとされています。 ベビー布団に関しても同じです。ベビー布団も毎日赤ちゃんの肌が直接触れるものですので気を使いたいものです。また日中のお昼寝用の肌触りの良い布団もあると便利です。

ベビー布団の選び方

赤ちゃんの時から使用することができるベビー布団、買う前に知っておくと良い点がいくつかあります。 まず、一点目は重さです。昔ながらの大人の布団のように重すぎるものは寝苦しくかったりするため、赤ちゃんにもあまり適しません。かと言って、軽すぎるものも危険です。赤ちゃんは手足を動かします。そのうち、軽すぎるベビー布団は赤ちゃんの顔を覆ってしまい、呼吸を妨げてしまいます。 次に、ベビー敷布団の固さです。寝返りができるようになってくると、時々大人も気づかないうちにうつ伏せ寝をしていることがあります。柔らすぎたり、敷布団カバーが立体的なものだと赤ちゃんの呼吸を妨げ、窒息させてしまいます。ベビー布団を選ぶときにも値段や見た目だけではなく、使い心地を考え選びましょう。